家

安全を確保

身近な場所に蜂の巣ができてしまった場合、刺激を与えないようにしていても十分な対処方法とは言えず、駆除することを考えたほうが無難です。駆除する際には、危険を回避するためにも、専門の駆除業者に依頼することが確実と言えます。

住宅の周囲を意識する

困る人

早期発見が重要です

建築害虫とも呼ばれるシロアリは、攻撃性はなくとも木造家屋に多大な被害を与えるため寄せ付けないようにする対策が必要です。巨大な群れを形成するため社会性昆虫であるシロアリは、王と女王が交配することで産卵し繁殖しています。繁殖期になると羽がある雌雄ペアが飛び交うので、羽蟻を住宅の近くで見かけたら用心しておきましょう。道具をとくに使わなくても効果があるシロアリ対策が、あるのをご存知でしょうか。それにはまず住宅の周囲を、こまめに点検するところから始めるのがベストな対策になります。住宅の土台である基礎コンクリート部分を、よく見てまわって不自然に土がついていないかを確認してみてください。地面から不自然に基礎コンクリートの部分まで、細長く続いていたらそれは蟻道と呼ばれるシロアリの侵入経路であるかもしれません。住宅によっては駄目ですが、和室の畳部分から床下に入り込めるかもしれないので、チャレンジしてみるのも対策としては有効です。汚れてもいいような服と、軍手や帽子に懐中電灯そしてドライバーを、用意して入ってみましょう。この時確認すべきなのは、床下に湿気がたまっていないかと木材等に異常が出ていないかといったところです。ドライバーを持って用意したのは、木材を突いてシロアリの被害にあっていないかを確認するためです。素人でできるのはあまり多くなく実際の駆除に関しては、専門の業者におまかせることをおすすめします。しかし住宅の基礎コンクリートは比較的確認しやすいので、日頃から注意しておくのは対策としては有効な手です。

ハチ

適した業者を選ぶ

沢山ある蜂退治の業者ですが、大きく専門の業者と便利屋などの非専門の業者の二つに分かれます。スズメバチなどは専門の業者が好ましく、それ以外であれば便利屋でも対応できます。また専門業者も大手と個人経営があり、割高でもサービスが充実していて安心な大手と、料金の安い個人経営、という違いがあります。

ハクビシン

資格のある業者へ頼もう

ハクビシンはジャコウネコ科の小動物で、住まいに住み着き、異臭やダニの被害の原因を作り出します。ハクビシン駆除業者は、鳥獣保護法に基づき保健所に申請をした専門員が駆除を行い、捕獲後の再侵入防止対策も行ってくれます。

男性

スペシャリストに任せる

駆除業者はシロアリ対策を完璧にしてくれる頼れる存在です。シロアリに精通しているため、的確な駆除作業が行なえます。また、保証制度を設けているところも多いので、駆除作業後も安心できます。再発した場合は業者は無償で駆除作業を行います。

女の人

業者への依頼の流れ

蜂の巣駆除の、業者への依頼はまず相談という名目で、電話やメールによって申し込みを行います。この時点で大まかな見積もりなどが出るので、問題なければ駆除日時を決めます。当日に駆除業者がやってきて、作業内容と具体的な費用について説明があり、その後に作業が行われます。